huriuri

ログイン新規登録
ニュース一覧に戻る
特集

フードデリバリーの始め方について詳しく解説

シェアツイート
フードデリバリーの 始め方について詳しく解説

近年、フードデリバリー市場は急拡大し、今では多くの飲食店が参入しています。参入しているお店が増えてきた一方、まだ仕組みがよくわからない、これから参入しようと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。この記事ではフードデリバリーの始め方について分かり易く紹介させていただきます。

 

フードデリバリーの始め方

配達員と店員-1

デリバリーで販売するメニューを決める

すでに飲食店を運営されている場合、お店のメニューの中から、ある程度時間が経過しても品質が低下しにくい商品や運んだときに崩れにくい商品をデリバリー用として販売することが一般的です。ただし、Uber Eatsや出前館などのフードデリバリーサービスを利用する場合は、販売価格のおおよそ35%を手数料として支払う必要があるため、店頭販売価格にその分の費用を上乗せして価格を決定する必要が出てきます。せっかくデリバリーで売上がたったとしても利益が残らないでは意味がありません。販売価格には注意しましょう。

また、デリバリーで人気の商品がお店で販売している商品と異なる可能性があることも考慮すべきです。例えばUber Eatsでは、豚丼や韓国チキン、サラダ、チキンオーバーライス、ステーキ丼などが人気商品となっております。

通常のメニューとは別にUberEatsで人気の商品などを専門店として、別のお店を出店することを「バーチャルレストラン」と呼びます。この「バーチャルレストラン」の仕組みを最大限活用することが、フードデリバリーで高い売上を達成するには非常に効果的です。お店でこのような商品の取り扱いが無い場合、新しく商品開発をするのも良いですが、メニューを考えたり、見た目が綺麗な写真を撮影するのには、時間も労力もかかります。

そのような場合には、huriuri(フリウリ)に掲載されている全国の人気ブランドからお店に合ったブランドを選び、フランチャイズ加盟することも有効な手段ではないかと思います。

huriuriで人気の韓国チキンブランド(画像クリックでブランド詳細が確認できます)

CRISPY CHICKEN n' TOMATO-バナー

huriuriで人気のサラダブランド(画像クリックでブランド詳細が確認できます)

GRIT TODAY-ブランド

huriuriで人気のステーキ丼ブランド(画像クリックでブランド詳細が確認できます)

グッドバターグッドステーキ-ブランド

 

フードデリバリーサービス会社に加盟する

UberEatsや出前館などのフードデリバリーサービス会社に加盟するメリットとしては、Web上でやりとりが完結するため注文を受けたり、お会計をするなどといった手間を大幅に削減できることや、店内飲食とは違ったお客様にアプローチできる点があげられます。また、UberEatsや出前館では定期的に大規模なCMやWEB広告などを活用し、フードデリバリーの利用者の開拓を実施しています。フードデリバリーサービス会社を利用することで、一定の手数料はかかりますが手間や負担を考えれば手数料以上のメリットがあると考えられます。

 

店舗でフードデリバリーの仕組みを構築する

フードデリバリーの始め方として、店舗自らフードデリバリーの仕組みをゼロから構築する方法もあります。この方法であれば、フードデリバリーサービス会社に手数料を支払わずに済むため利益を上げやすくなります。しかし、広告を配布して注文が入るようにしたり、配達するスタッフの人件費などを考慮するとフードデリバリーサービス会社に加盟した方がメリットが大きいと考えられます。また、バイクや配送スタッフの採用などで初期費用も発生するので、こちらも考慮する必要があります。

フードデリバリーで安定した収益を確保するためには、Uber Eatsや出前館などのフードデリバリーサービス会社に加盟しながら、各社へ支払う手数料を下げるために、配送を自社で行う「自社配送」という形が理想的だと考えられます。会社によって多少の差はありますが、自社配送を行うことで、手数料は20%程度下がります。

 

各フードデリバリーサービス会社の始め方

Uber-Eats配達員と店員

多くのフードデリバリーサービスがありますが、ここでは現時点でシェアの高い「Uber Eats」と「出前館」について紹介します。

 

UberEatsの始め方

UberEatsは海外発祥のサービスですが、日本国内でも人気があり、非常に知名度が高いことが魅力です。UberEatsを利用する場合は、お店がUberEatsのサービス対象エリアに存在するか確認し、WEB上の申込みフォームから登録します。UberEatsでは、所定の審査が行われた後にお店の掲載可否が登録したメールアドレス宛に通知されます。問題がなければ、お店の営業許可証を提出し、レストラン名やメニュー表を提出することでフードデリバリーサービスを開始できます。

 

出前館の始め方

出前館は全国で幅広く対応しており、登録する際はホームページ上から出店資料請求をおこないます。出店資料請求をする際に、販売予定メニューや商品の画像、価格などを入力して簡単な審査がおこなわれます。審査が通り、出前館にお店を登録できるようになれば専用のオーダー管理アプリを利用して受注と配達管理をおこないます。

 

huriuriにご相談

UberEats、出前館の始め方やアカウント開設に関してもhuriuriがサポートを行なっております。気軽にhuriuriにご連絡いただけますと幸いです。

無料相談窓口

 

フードデリバリー専門店とは?

フードデリバリーの料理写真

フードデリバリーの需要が高まっていく中で、近年フードデリバリー専門店が急速に増えてきています。フードデリバリー専門店とは、実店舗を持たずに料理の配達のみの営業をおこなう飲食店のことを指します。

実店舗を持たずに料理を提供するので「ゴーストキッチン」や「ゴーストレストラン」と呼ばれています。この形は新しい飲食店の姿として最近急激に増加してきています。「ゴーストレストラン」は調理ができるスペースさえあれば開業することができるため、ビルの2階以上などの一等立地ではない閉店した飲食店の居抜き物件などを活用して出店することで、初期費用や家賃を大幅に抑えることができます。そのため、新しいビジネスを低リスクで始めたいと考えていらっしゃる方に人気のビジネスモデルとなっています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回の記事ではフードデリバリーの始め方をまとめさせていただきました。huriuriとしてもUberEatsや出前館などの加盟をオススメしております。また、売上を確保するために、フードデリバリーに適したブランドにフランチャイズ加盟することも有効な手段ではないかと考えております。

UberEatsや出前館の始め方やアカウント開設に関してもhuriuriがサポートを行なっております。お気軽にhuriuriにご連絡いただけますと幸いです。下記にお問い合わせフォームと電話番号を記載いたします。

画像クリックでお電話で問い合わせが可能です。

電話でのお問い合わせ

画像クリックでお問い合わせページを確認いただけます
無料相談窓口

 

● huriuri(フリウリ)について

huriuri(フリウリ)は掲載数No.1のフードデリバリーブランドのFC比較サイトです。実績のあるFCブランドの加盟を検討している方とFC本部のマッチングを支援します。どなたでも 'カンタン' にブランドを見つけ、加盟店募集を可能にするサービスです。

無料相談窓口icon-email