huriuri

ログイン新規登録
ニュース一覧に戻る
特集

ゴーストレストランをフランチャイズで開業するメリットとデメリット

シェアツイート
ゴーストレストラン フランチャイズ-バナー

「ゴーストレストランを少しでも早く開業したい!」そんな方におすすめしたいのが、フードデリバリーブランドのフランチャイズへの加盟です。一部のフードデリバリーブランドは、フランチャイズで事業展開をしており、随時加盟店を募集しています。

今回はゴーストレストランをフランチャイズで開業するメリットとデメリットを解説します。最後におすすめのフードデリバリーブランドも4つ紹介しておりますので、併せてご参考ください。

 

メリット

UberEatsのアプリ

まず、ゴーストレストランをフランチャイズで開業するメリットを3点に絞って解説します。

 

メニュー開発の手間が省ける・コストが抑えられる

ゴーストレストランのフランチャイズは、本部が料理のラインナップを決定します。加盟店側はメニュー開発に力を割かずに済むため、営業に専念できる仕組みとなっています。基本的に食材も本部が準備するケースが多く、冷凍やパックの状態で自店へと届きます。調理工程は簡略化されており、温めるだけであったり、炒めるだけで完成するものがほとんどです。

誰でも簡単に1人でも作れるため人員は最小限で済むため、人件費が抑えられます。既に飲食店を営んでいる方なら、新たに人員を雇わずに既存のスタッフだけでの営業も可能でしょう。

 

実績のある強い商品で勝負ができる

フランチャイズ本部が提供しているメニューは専任のスタッフが市場調査や様々な立地での販売実績の検証を行った、実績のある商品で構成されています。

飲食店を運営されている方であれば、オリジナルブランドを作り上げることも可能だとはおもいますが、検証や改善を常に行ったり、お客様が一目見ただけで食べたい!と思っていただけるようなシズる感あふれる写真を撮影するには相当な時間と労力が必要になります。

そのような労力をかけずに強い商品でフードデリバリー市場で勝負できることは大きなメリットではないでしょうか。

 

フランチャイズ本部から広告宣伝などの集客サポートが受けられる

ゴーストレストランのフランチャイズ本部は、ゴーストレストラン未経験者でも安心して導入できるように本部がサポートを行っているケースが多いです。フランチャイズ加盟を希望する人にとって、ゴーストレストラン開業のために何を準備すればよいのか、どのように営業していけばいいのかなど、わからないことはたくさんあるでしょう。

しかし、フランチャイズに加盟することでゴーストレストランの基本的な開業ノウハウだけでなく、効果的な集客方法など売上アップのためのアドバイスもしてくれます。自社配送のサポートを行うフランチャイズ本部もあります。

フランチャイズ本部によって加盟店舗数は異なり、数店舗〜数百店舗の差があります。加盟店数が多ければ成功ノウハウを多く蓄積していると言えますし、少ない場合でもその分加盟金やロイヤルティの費用が低く設定されている、一つの店舗のサポートに多くの時間が割けるというメリットがあります。

 

デメリット

悩む男性

次に、ゴーストレストランのフランチャイズ加盟におけるデメリットを2点解説します。

 

加盟金や保証金、ロイヤリティが必要となる

ゴーストレストランのフランチャイズに加盟する際にはその契約時に加盟金や保証金が発生します。加盟金は、フランチャイズ展開しているブランドが持つ屋号やレシピなどの使用料として支払う費用です。保証金は、加盟店の本部に対する債務が支払えない場合の補填として使用されます。

フランチャイズに加盟したあとは、売上の数%を支払うロイヤリティもしくは月額固定の運営費も支払わなければなりません。加盟金やロイヤリティの割合などはフランチャイズ本部によって様々です。加盟金や保証金が無料のフランチャイズ本部もありますが、その場合はロイヤリティや固定費が高めに設定されていることなどもあります。

どのような支払い方法が自分にとって最も適切なのかを考えながら選びしましょう。

 

メニューに独自性が出しにくい

メリットでお伝えした通り、メニューはフランチャイズ本部が決定するため、全店舗ほぼ同じ構成で顧客に提供することになります。これは、メニュー開発に注力しなくて済む反面、自由度が狭まり個性が出しづらいとも言えます。自分が開発した料理でゴーストレストランを出店したい方には不向きでしょう。

 

ゴーストレストランのフランチャイズを選ぶポイント

ヒントとボードクリップ

「ゴーストレストランをフランチャイズで開業してみたい!」そう思い立ってみたものの、初めて開業する方はどんなブランドを選べばいいかわからないのではないでしょうか?

ここでは、ゴーストレストランのフランチャイズを選ぶ上で重要なポイントを3つお伝えします。

huriuri(フリウリ)では無料相談窓口を用意させていただいております。

 

売上実績

人気で多くの顧客から支持されているフランチャイズ本部に加盟すれば成功の可能性は高まります。フランチャイズ本部のブランドがどれだけ成功しているのかを判断するためには、売上を見ることがわかりやすいでしょう。

1日もしくは月平均の売り上げなどはブランドによってHPで公開されていたり、デリバリーフランチャイズのポータルサイトなどに目安として掲載されています。WEB上で確認できなければ説明会で直接確認してみましょう。

 

サポート体制の充実度

スムーズに開業するため、そして順調な運営をめざすためにはフランチャイズ本部によるサポートが欠かせません。通常、フランチャイズ本部は加盟店に対して開業や経営に関するサポートを行っています。加盟店が順調に営業することで本部も経営基盤が安定するため、本部にとっても加盟店へのサポートは重要なのです。

サポート内容は本部によってさまざまですが、開業手続き、レシピの提供、食材の提供、仕入れ業者の紹介などが一般的です。開業後にも効果的な宣伝方法など売上に結びつくサポートも行ってくれるフランチャイズも少なくありません。

内容だけでなく、本部の熱量や相性も影響してくるでしょう。説明会などで実際に担当者と会って話したときの印象なども大切な検討材料となります。

 

オペレーションが簡単かどうか

提供する料理の工程を把握しておくことも重要です。フードデリバリーフランチャイズ本部の提供するメニューは簡単なオペレーションで完成するものが多いです。調理工程が少なく簡単であればあるほど、短時間でより多くの注文に対応しやすくなります。

また、誰でも調理可能となるため、教育に割く時間も不要となります。

 

ゴーストレストランのフランチャイズはこんな人におすすめ

英語の文章

ゴーストレストランのフランチャイズ加盟に向いている人は下記のような人たちです。

    • 初期費用を抑えて飲食店を開店したい
    • 運営ブランドを手間をかけずに増やしたい
    • 1人または少人数で開業したい
    • 飲食業界未経験
    • フードデリバリー業界未経験

ゴーストレストランの最大のメリットは、コストを抑えながら飲食店を開業できるという点にあります。「まだ貯蓄がそれほどないけど、まずは飲食業界でチャレンジしてみたい!」という意気込みのある人にとっては魅力的な業態と言えるでしょう。

また、通常の飲食店であれば料理人やホールスタッフなど数人が必要です。しかし、ゴーストレストランは1人で開業している人も多く、スモールスタートに向いています。飲食業界未経験だとしても、フランチャイズ本部のサポートは初めての人も対象としているところが多く、安心して挑戦できるはずです。

ただ、誰でも成功できるほど優しいものでもありません。美味しい料理を提供し、リピーターを獲得するための努力と工夫が必要なのは、通常の飲食店と同じです。

 

ゴーストレストランをフランチャイズ展開しているブランド一覧

肉の写真

画像クリックでそれぞれのブランド紹介ページをご確認いただけます。

 

お玄さんのねばとろ丼

ねばとろ丼-紹介画像

デリバリーブランド業界を牽引する「Deli Station」が誇る人気ブランドのひとつ。主力商品は栄養満点の玄米ととろろを使った丼物料理で、健康意識の高い層から高い支持を得ています。リピート率は40%以上で、一度購入してもらえれば長期間の売上が見込めます。

公開されている平均月商は50万円と確かな実績を誇りながら、初期費用0円。既に加盟店舗数は40店舗を超え、勢いに乗っています。売上を伸ばすためのサポートや、食材を盛り付けるだけの簡単な調理工程など、フードデリバリー未経験者などの初心者におすすめできるブランドです。

  • 加盟金 ¥0
  • 固定ロイヤリティ ¥0
  • 売上歩合ロイヤリティ 10%
  • 保証金 ¥0
  • 原価率 20%
  • 契約期間 1年

 

グッドバターグッドステーキ

NYで流行したステーキのオーバーライススタイルを日本に上陸させて注目されているブランドです。米と相性抜群な牛肉にこだわり、赤身と脂身のバランスが絶妙な部位を厳選。肉はブライニングにより絶妙な弾力を実現し、その食感と食べ応えに高いリピーター率が期待できます。

ソースも独自のオリジナルソース6種類から選べるので、顧客は飽きることなく次回の注文をしやすくなります。高単価が見込めるステーキ業態の中で、本場スタイルの魅力が相まって、さらに着実な売上・利益を目指せるでしょう。20〜40代の単身者がターゲットで、既に導入している加盟店も着実に売上を伸ばしています。都心だけでなく、地方でも支持されやすいブランドです。

  • 加盟金 ¥100,000
  • 固定ロイヤリティ ¥0
  • 売上歩合ロイヤリティ 5%
  • 保証金 ¥100,000
  • 原価率 30%
  • 契約期間 1年

 

神田たまごけん

神田たまごけん-紹介画像

意外とデリバリーブランドが少ないオムライス専門店です。好きな人は多いのにライバル店が少ないため、チャンスの広がっている市場と言えます。商材としてもオムライスにはいくつかの魅力が挙げられます。例えば、使用する食材が少なくて安いため、原価を節約できます。また、メインとなる食材が常温保管OKなものなので冷凍・冷蔵機器のスペースや機材費も抑えられます。オペレーションも温めればほぼ完成という簡単な工程で作ることができます。

本部は「30%程度の利益率であれば実現可能」と公言しています。簡単な管理・調理で高い利益率を目指せるのはフードデリバリーブランドを立ち上げる上で、この上ない好条件でしょう。

さらに、神田たまごけんのオムライスは、ただ作るだけではなく、「ふわとろ」が特徴です。その作り方もしっかり伝授してくれるため、他のオムライスと差別化もできます。その他、冷えても美味しいケチャップライスや、特性の濃醇な自家製ソースなど、魅力が満載です。

  • 加盟金 ¥100,000
  • 固定ロイヤリティ ¥0
  • 売上歩合ロイヤリティ 10%
  • 保証金 ¥0
  • 原価率 25%
  • 契約期間 0.5年

 

Crazy Waffle

スイーツ系のデリバリーの中でも最近注目されている韓国ワッフル専門店です。展開している株式会社バーチャルレストランは、デザート系に強いフランチャイズ本部でもあります。SNSなどで写真映えするだけでなくサクッとした食感とふんだんに使ったミルククリームが好評でリピート率が高く、スイーツ分野でも圧倒的に高い人気を誇ります。

料金体系も独自で、加盟金の金額によってロイヤリティの設定や加盟可能なブランド数に影響するシステムになっています。

  • 加盟金 ¥400,000〜
  • 固定ロイヤリティ ¥0
  • 売上歩合ロイヤリティ 15%
  • 保証金 ¥0
  • 原価率 28%
  • 契約期間 1年

 

まとめ

フードデリバリーの配達員

ゴーストレストランをフランチャイズで開業する場合、初期費用が安く未経験者でも手厚いサポートがあるなどメリットはたくさんあります。しかし、本部に支払わなければならないロイヤリティや、挑戦してみたい料理や提供方法があっても規則があって実現しづらいなどのデメリットも存在します。

まずはどのようなゴーストレストランを開業したいのかを明確にし、そのビジョンに沿って最適な方法を選ぶことが重要です。ゴーストレストランのフランチャイズ加盟は誰でもチャレンジしやすいため、選択肢の一つとして候補に入れておくことをおすすめします。

● huriuri(フリウリ)について

huriuri(フリウリ)は掲載数No.1のフードデリバリーブランドのFC比較サイトです。実績のあるFCブランドの加盟を検討している方とFC本部のマッチングを支援します。どなたでも 'カンタン' にブランドを見つけ、加盟店募集を可能にするサービスです。

無料相談窓口icon-email