huriuri

ログイン新規登録
ニュース一覧に戻る
特集

フランチャイズってどんな仕組み?メリットやデメリット、成功するためにすべきことなど解説

シェアツイート
huriuri-news

「フランチャイズ(FC)」という言葉を知っている方は多いと思いますが、実際にどういったビジネスモデルなのか説明するのは難しいと思います。

今回は、そんな「フランチャイズ」の仕組みをわかりやすく解説し、メリット、デメリット、さらにはどのようにすれば成功できるかなど説明していきます。

フランチャイズの仕組みとは?

フランチャイズとは、個人や法人がフランチャイズ本部と契約し、対価を支払う代わりに、お店の名前を使わせてもらったり、商品やサービスを販売する権利をもらったりする仕組みのことです。この対価のことをロイヤリティといいます。

一般的にフランチャイズ本部と契約した場合、商標の使用権や販売権だけでなく本部からサポートも受けられます。サポート内容は、開業研修や経営成功のノウハウなど多岐にわたります。

このような対価(ロイヤルティ)を払うことで得られるものを合わせてFC(フランチャイズ)パッケージと呼ばれることもあります。

FCパッケージの内容は本部によって異なりますが、開業後の事業がスムーズにいくように設計されていますので、個人で始めるよりも比較的、手軽に経営者になることができます。

フランチャイズと似ている仕組みとの違い

フランチャイズとは、ロイヤリティという対価をフランチャイズ本部に支払うことで、お店の名前を使わせてもらったり、商品やサービスを販売する権利をもらったりする仕組みのことでした。

しかし、他にもフランチャイズと似た仕組みがいくつかあります。契約のとき、「フランチャイズだと思っていたのに違った」というようなことがないように、主要な三つを確認しておきましょう。

① 代理店制度

「代理店制度」とは、本部が加盟代理店に対して、商品やサービスの販売権や商標権を委託する仕組みのことです。

フランチャイズとの大きな違いは、「自由度が高い」ということです。お店の名前や販売方法はほとんどの場合自由に決めることができます。

しかし、代理店制度では、本部からの継続的なサポートを受けられるわけではないので気をつけましょう。

② ボランタリーチェーン

フランチャイズと混同されがちな仕組みに「ボランタリーチェーン」があります。

「ボランタリー」とは自発的という意味です。この名の通り、「ボランタリーチェーン」では独自の経営を行っているお店が手を組み、一つの大きな組織としてチェーン展開する仕組みを指します。

フランチャイズとの大きな違いは、「独自の経営ができる」ということです。

フランチャイズではマニュアルがあり、そこに沿った経営をしなければいけませんが、ボランタリーチェーンではマニュアルがなく、自由に経営することができます。

③ パッケージライセンスビジネス

「パッケージライセンスビジネス」もフランチャイズと似ている仕組みのひとつです。

フランチャイズとの大きな違いは、「本部と継続的な関係をもたない」ということです。

コンサルティングサービスのように、商品やサービス、ビジネスモデルなどを一定期間借り、その対価を支払います。もちろん、期間終了後は対価を払い続ける必要はありません。

フランチャイズのメリット

ブランド力を利用できる

個人で新しく出店するとなると、知名度がないために、顧客は一定以上のサービスを提供してくれるのか心配になります。

しかし、フランチャイズであれば、多くの地域に展開している可能性が高いため、新しくできたお店であっても、顧客が安心して利用してくれる可能性が高く、比較的安定した売り上げを出すことができるでしょう。

未経験でも参入しやすい

フランチャイズ本部は、新規の加盟店をどんどん増やし、事業を大きく展開していきたいと思っています。そのため、成功のノウハウはほとんどパッケージ化されています。

未経験で、どのように経営すればいいのか、どのような店づくりをすれば良いのかわからない人でも、ノウハウがすでにパッケージ化されているため、参入しやすいと言えるでしょう。

また、開業前研修などのサポートを行っているフランチャイズ本部も多く、安心してすでにある土台の上にのって開業できることは、フランチャイズの大きなメリットです。

運営に専念できる

フランチャイズで開業すると、オーナーはお店の運営に専念できます。なぜなら、販売するサービスや商品の向上やマニュアルの改善などは全て本部の仕事だからです。

個人経営では、そういったことを含めて全てを一人でやらなければいけませんが、フランチャイズのオーナーは、そのようなことがないため「どうしたら店の売り上げを伸ばせるか」ということをじっくりと考えることができます。

フランチャイズのデメリット

継続的なロイヤリティ支払い義務がある

フランチャイズの加盟店は、本部からその名前を使わせてもらったり、商品を販売する権利をもらう代わりに、ロイヤリティと呼ばれる対価を支払わなければなりません。

売り上げが少ない時でも、ロイヤリティの支払い義務は発生するため、赤字になってしまう可能性もあります。

自由度が低い

フランチャイズでは、それぞれの加盟店が一定以上のサービスを提供できるように、本部が厳しいマニュアルを作っていることが多いです。

そのため、サービスの方針、価格の変更、キャンペーンの実施、営業日、休業日などは本部に決められてしまうため、「自由に営業したい」という方には向かないでしょう。

風評被害を受けることがある

同じブランドの他店で不祥事や不良品などのトラブルがあり、それが炎上してしまった場合、その店舗だけではなく、全ての店舗に風評被害が及ぶことになります。これは、個人店では起こらない問題でしょう。

さらに、万が一フランチャイズの加盟店として営業している自分の店が、そのようなトラブルを起こしてしまった場合、本部から損害賠償請求をされる可能性もあります。

同業種での出店が禁止されていることがある

フランチャイズでは、契約する際に数年間同業種で開業することを禁止していることが多いです。その理由は、加盟店のオーナーにノウハウを盗まれないようにするためです。

フランチャイズ本部は、成功する加盟店を増やすために、大量の資金を使って調査をし、成功のノウハウをパッケージ化しています。

そのノウハウやサービスなどを加盟店のオーナーが、個人店を開業するときに使われてしまうと、本部のライバルになってしまう可能性があるため、数年間は同業種での開業を禁止しているのです。

どのような業種があるか

フランチャイズの業種は多岐にわたりますが、大きく三つに分類することができます。

それは、飲食業、小売業、サービス業です。それぞれ詳しく見ていきましょう。

飲食業

フランチャイズで一番多い業態は、「飲食業」です。カフェやレストラン、居酒屋、ラーメン屋、ファストフードなどさまざまなものがあります。

飲食業のフランチャイズでは、個人経営とは違い、食材を「安く大量に」仕入れることや一から商品開発をする必要がなく、すでに人気があり、よく知られている料理を提供することができます。

そんな飲食業のフランチャイズですが、参入しやすいのが「ゴーストレストラン」としての営業です。ゴーストレストランとは、実店舗を持つことなく、デリバリーのみで料理を提供する営業形態を指します。

ゴーストレストランとして開業することで実店舗を持つ場合、約1000〜1500万円かかると言われている開業資金が、約50万〜300万までに抑えることができます。

また、個人でゴーストレストランを開業すると、ブランドの知名度や宣伝のノウハウがないため、Uber Eatsなどのプラットフォームで埋もれてしまう可能性があります。しかし、フランチャイズ契約を結ぶことで、すでに知られているブランドであれば、開業直後でも多くの注文を受けられる可能性が高まります。

小売業

「小売業」とは、卸売業などから仕入れた商品を、家庭用や個人用として主に一般の消費者を相手に販売する業種のことです。

小売業のフランチャイズでは、「どの商品を」「どのくらいの量を」仕入れればよいかということを、本部が綿密に調査しているので、効率のよい仕入れが可能になります。

また、小売業のフランチャイズとして有名なのが、「コンビニ」です。コンビニのフランチャイズは、その「パッケージの完成度の高さ」が特徴的です。

セブンイレブンやファミリーマートなど知名度が高く、さらに顧客の年齢層も幅広いため、安定した顧客を狙うことができます。

サービス業

「サービス業」とは、「形のないサービス」を提供する業種を指します。フランチャイズとしては、クリーニングやマッサージ、塾などもあります。

お客様と直接接する機会が多い業種であるため、高いコミュニケーション能力が求められます。それゆえ、接客や人と接するのが好きという方には向いていると言えます。

飲食業のように食材を仕入れたり、小売店のように商品を仕入れる必要がないため、在庫リスクを抱える必要がなく、負債が少ないのもメリットです。

フランチャイズで成功するために

では、フランチャイズで成功するためにはどうすればよいのでしょうか。

やはり最も大切なのは、フランチャイズ本部の選定です。フランチャイズ本部を選ぶにあたって、見るべきポイントは大きく三つあります。

① 事業がどのくらい成長しているか

フランチャイズ加盟するにあたってにあたって、その事業がきちんと成長しているかを調べることはとても重要です。将来的に需要のなくなりそうな業界を選んでしまうと、長期的な経営が難しくなってしまいます。

その事業の成長率を見る指標としては、「加盟店の数がどのくらい伸びているか」「加盟店の数がどのくらい減っているか」「同業者に対する優位性はあるか」などがあげられます。

今、フランチャイズで伸びてきている業界としては、ハウスクリーニングやコインランドリーなどがありますが、中でも飲食業界は需要がなくなることがないためこれからも伸び続けると言えます。

さらに、飲食業界の中でもデリバリーやテイクアウト専門の店は、自宅で過ごすことが多くなった今にマッチしており、これからも伸びていくと考えられます。

② しっかりとしたサポート体制があるか

フランチャイズ本部が提供してくれるサポートは企業によってさまざまです。サポート体制が整っていない本部を選んでしまうと、経営難に陥ってしまった時、ほったらかしにされてしまうということもあります。

それゆえ、どの程度のサポート体制があるのかを確認しておくことも非常に重要です。

具体的なサポート内容としては、立地選び、開業資金の融資、赤字補填制度、商品・サービスの改善、最新の業界情報の提供、研修制度、スーパーバイザーによる訪問などがあげられます。

フランチャイズ本部を比較して、上にあげたようなサポートの多い所を選びましょう。

③ どのくらい信頼できるか

フランチャイズ本部を選ぶときのポイントとして、本部の信頼度を確認しておくことも大切です。

例えば、フランチャイズ本部はもちろん、どんどん加盟店を増やしていきたいので、あなたに「他の加盟店がどのくらい成功しているのか」や「どのくらいの利益が見込めるか」などを契約時に説明してくれるでしょう。

しかし重要なのは、「開業の際のリスク」や「他の加盟店がどのくら潰れているか」についても本部がきちんと説明してくれるかということです。

良い面だけを見せて、悪い面は見せないということになると、ビジネスパートナーとして本部を信頼することはできません。

まとめ

今まで、フランチャイズの仕組みやフランチャイズのメリットやデメリット、どうすればフランチャイズで成功することができるのかということについて解説してきました。

フランチャイズにはさまざまな業種がありますが、やはり需要がなくならないのが「飲食業」です。特に、デリバリー専門のフランチャイズは、これからも伸び続けていく業界として注目を集めています。

そんなフードデリバリーブランドを比較したい時に使いたいのが、huriuriです。

huriuriは、フードデリバリーブランド掲載数がNO.1です。

入会料や月額会費などもかからず、気になるブランドを発見したら、「話を聞きたい」ボタンからすぐにフランチャイズ本部の担当者に話を聞くことができます。

これからフランチャイズで開業を考えている人にとっては、大きな手助けになるでしょう。ぜひ活用してみてください。

※huriuri(フリウリ)ではフードデリバリー全般に関するお悩みに個別相談窓口を設置しています。お気軽にご相談ください。

※その他の特集紹介の記事はこちらからご確認いただけます

特集記事一覧-バナー

● huriuri(フリウリ)について

huriuri(フリウリ)は掲載数No.1のフードデリバリーブランドのFC比較サイトです。実績のあるFCブランドの加盟を検討している方とFC本部のマッチングを支援します。どなたでも 'カンタン' にブランドを見つけ、加盟店募集を可能にするサービスです。

無料相談窓口icon-email

ホーム

検索

気になる

資料請求

話を聞きたい

New

市場調査