huriuri

ログイン新規登録
ニュース一覧に戻る
特集

ゴーストレストランとは?メリットとデメリット、開業までの流れを事例も交えながらご紹介

シェアツイート
huriuri-news

コロナ禍を経て消費者行動は大きく変容し、外食の回数を減らして自宅で食事をする人が増えています。そんな中で注目されているのが、ゴーストレストランです。

現在の消費者ニーズに応えられることに加えて、コストを抑えながらスピーディに開業できるとして参入を検討する人が増えています。今回はゴーストレストランの概要やメリットとデメリットをまとめ、開業するまでの一連の流れを解説します。よりわかりやすくご理解いただくため、具体的な事例も紹介します。

 

ゴーストレストランとは?

ゴーストレストランは、非リアル店舗のデリバリー専門飲食店全般を指します。デリバリーのみで営業するため、通常の飲食店にある客席が必要なく、調理設備が整っていれば開業可能です。お店は調理のみに集中できるため、効率的なオペレーションが組みやすく、小スペースかつ少人数で営業できます。

さらに、開業にあたっての初期費用を大幅に抑えることができるのも魅力のひとつです。ゴーストレストランでは、顧客はUber Eats(ウーバーイーツ)や出前館などのデリバリーサービスアプリやWEBサイトを活用して、気になった料理を注文します。注文を受けた店舗側は調理をし、配達員に渡すか、自社配送を行う、というのが一般的な流れです。

アメリカを発祥として各国に広がりを見せたゴーストレストランは、順調に市場を拡大してきた中食産業をさらに活気づける存在となっています。ここ数年、緊急事態宣言などによる外食行動の抑制をきっかけに集客に悩まされる飲食店は少なくありません。賑やかに楽しく食事をすることが許されない風潮は、リアル店舗へ向かう足を遠のかせています。

その中で、ゴーストレストランという新しい業態こそ、コロナで希望を失いかけた飲食業界や独立希望者にとって新たな可能性でもあるのです。ちなみに、ゴーストレストランに似た用語は多々あり、特にバーチャルレストランと一緒にされがちです。バーチャルレストランとは、通常の飲食店を経営しながら、同じ調理場を活用し全く別のブランドをデリバリー専門店として運営する形態をいいます。

ゴーストレストランは調理スペースのみでイートインがありません。この二つは似ているようで全く違うものなので注意しましょう。

 

ゴーストレストランが注目されている理由

デリバリーの食事

今、ゴーストレストランが注目されているのはなぜでしょうか?まずは、皮肉にも新型コロナ感染の拡大が大きな後押しとなったことは間違いありません。

外食・中食市場の情報を提供している「エヌピーディー・ジャパン株式会社」のレポートによると、2021年のデリバリー市場規模は、コロナ前の2019年と比較して約3倍にも大きくなったと発表しています。

デリバリーの市場

引用:「<外食・中食 調査レポート>2021年1-12月計のデリバリー市場規模は約7975億円の見込み、成長率は前年比27%増」npdより

デリバリー市場規模が横ばいであった2016年〜2019年年からコロナが発生した2020年以降の動きを見れば、その影響は明らかです。ただ、実は元々日本では平成の時代から中食市場全体の規模が伸びていました。

農林水産省の統計によると、月に1日以上中食を利用する世帯の割合は7〜8割おり、今後も伸び続けると予測しています。

 

中食を利用する理由については、単身世帯、二人以上の世帯ともに、「時間がない」、「普段自分が作れないものが食べられる」等の割合が高くなっています。

特に、単身世帯においては、二人以上の世帯に比べ、「調理・片付けが面倒」、「自分で食事を作るより価格が安い」の割合が高くなっています。また、総務省「家計調査」においても、二人以上の世帯に比べ、弁当、おにぎり、サラダ等の支出金額が多く、極力手間がかからず経済的な食事として中食を利用している実態が伺えます。

引用:「(1)食料消費の動向」グラフ共に農林水産省HP

 

こうして拡大の傾向を見せてきていた中食市場の中で、普及したのがデリバリーサービスです。2014年にアメリカで立ち上がった「Uber Eats(ウーバーイーツ)」は、2016年には早々に日本へと上陸。国内で業界トップである出前館なども存在感を強め、20代から30代を中心にデリバリー利用者は増えていきました。

デリバリーサービス業界へ参入する企業も急増し、ゴーストレストランやクラウドキッチンなどの数も増えました。後ほど詳しく触れますが、ゴーストレストランは飲食店経営者にとって開店しやすいメリットが多数あるのです。

ゴーストレストランやデリバリーサービスのプラットフォームなどが増えた分、既に淘汰の動きも出てきています。まさに今、フードデリバリー界隈では激しい競争が巻き起こっている最中なのです。このようなデリバリーサービスがここ数年で新しく生まれたサービスと感じる方もいるかもしれません。

しかし日本には昔からラーメンやピザなど出前文化は根付いていました。デリバリーサービスが日本で自然と普及していったのは、元々この文化があったことも影響していたのかもしれません。

 

ゴーストレストランのメリットとデメリット

デリバリーのランチ

ひとつの流行となりつつあるゴーストレストランには、良い面と悪い面があります。ここではゴーストレストランのメリットとデメリットをそれぞれ解説します。

 

メリット

まずゴーストレストランの最も大きなメリットとして、コストが大幅に節約できるという点が挙げられます。調理環境のみで開業できるゴーストレストランは、客席の装飾などにかかる内装・外装費用が発生しません。また、小スペースの物件でOKなので、初期の設備投資やリフォームにかかる費用も抑えられます。

ゴーストレストランは初期費用だけでなく、運営費用も低額で済みます。少人数かつ調理スペースのみで営業するため人件費や光熱費が抑えられます。毎月の家賃も安く済むでしょう。立地による集客の影響をあまり受けないため自由度が高く、空中階でのオープンも可能です。

決済面でもデリバリーサービスで一本化されるため、店舗に現金は不要で、シンプルに管理しやすくなります。メニューやコンセプトに多様性が持てる点も魅力です。ゴーストレストランは、ひとつの調理場からさまざまなジャンルの料理を提供することができます。メニュー内容もすぐに変更できるため、方向転換もしやすいです。

このように、ゴーストレストランにはたくさんのメリットがあります。では、逆にどのようなデメリットがあるのか見てみましょう。

 

デメリット

ゴーストレストランのデメリットとして、集客に一定のノウハウが必要なことがあげられます。UberEatsや出前館などでの売上を最大化させるためには、アプリ上でいかに自店を上位表示させていくか、そのために必要なキャンペーンはどのようなものを活用すべきなのかといった一定のノウハウが必要になります。

このような点に不安を感じる場合、すでに実績のあるフードデリバリーのフランチャイズに加盟するというのは有効な手段だと考えられます。また、通常の飲食店と比べ商圏が狭いこともデメリットのひとつだと思います。

フードデリバリーではお店から半径3km程度が配達可能エリアとなります。通常の飲食店であればそのお店に行くために少し離れた場所から訪れることもありますが、デリバリーの場合はお店の近隣に実際に住んでいる、もしくは勤務されている方だけがお客様となります。

狭い商圏の中で安定して売上を確保するためには、どれだけ多くの方のリピーターになっていただけるかが非常に重要なポイントになります。

 

ゴーストレストラン開業までの流れ

レストラン

ゴーストレストランは通常の飲食店と比べても気軽でスピーディに開業することができます。ここではゴーストレストラン開業までの流れをお伝えします。

 

物件を探す

物件は、ゴーストレストランをどのように立ち上げたいかで探し方が変わります。

例えば、時間と資金に余裕があり、自分の使いやすいような調理場環境でゴーストレストランを立ち上げたいのであれば、不動産会社へ行って相談しながら物件を探すのが良いでしょう。

しかし、ある程度環境の整った場所でスピード感を持ってゴーストレストランを立ち上げたいのなら、シェアキッチンやクラウドキッチンを利用するのがおすすめです。クラウドキッチンなどでは調理器具やスペース、食材の保管場所などが一通り揃っています。そのため、営業開始までスムーズに進めることができます。

立地もプロの分析によってデリバリーに適した場所にオープンしているため、集客にも有利です。

 

運営ブランドの検討

ゴーストレストランの場合、どのようなブランドで展開するかも重要です。自分で勝負したい料理があるならば、具体的なオペレーションなどを考えてデリバリープラットフォームに登録申請すれば開業できます。ただ、「料理未経験で何をしたらいいかわからない」という方もいらっしゃるでしょう。そういう方におすすめなのが、フードデリバリーフランチャイズの活用です。

最近、フードデリバリーブランドの数は膨大に増えています。その中でもフランチャイズ事業を展開している店舗が数多く存在します。フランチャイズは契約すれば既にブランドが持っている成功ノウハウで勝負することができます。料理のジャンルや本部のサポート、加盟費用などはブランドによって様々です。複数の本部を比較検討して自分に最適な本部を探しましょう。

huriuri(フリウリ)では全国の人気デリバリーフランチャイズブランドを簡単に比較検討することができます。出店するブランドを探す際には是非ご活用ください。

huriuriのバナー

許認可の申請

ゴーストレストランを開業するためには、2つの資格・許可が必要です。それが「食品衛生責任者」と「飲食店営業許可」です。食品衛生責任者とは、食品にまつわる商品を提供する事業者全てに必須とされている資格です。「食品衛生責任者養成講習会」を受講すれば認定されます。

講習会は1日で受講できます。修了試験も講習を聞いていればそれほど難しいものではありません。なお、既に調理師や栄養士の資格を持っている人は免除されます。具体的な内容は食品衛生協会の公式HPで確認しましょう。

飲食店営業許可は保健所に申請をします。食品衛生責任者を取得したあとに手続きを行います。申請後に保健所が実際に店舗を訪問し、衛生環境などをチェックするため、必要最低限の設備環境を整えておきましょう。2つの資格・許可が得られたら、デリバリーサービスと契約を結ぶか、自社で宅配を行うのであれば環境を整えて、いよいよ開業となります。

 

ゴーストラストランの事例

実際にゴーストレストランで独立した人たちの事例を見てみましょう。飲食未経験からフードデリバリーブランドを立ち上げ、今はフランチャイズ加盟店として成功した西岡さんと、増子さんの体験談を紹介します。

huriuriの事例1「飲食未経験からゴーストレストランオーナーへ!」

ERファースト インタビュー

西岡さんは、元葬儀屋から飲食業を始めたという異色の経歴の持ち主です。葬儀会場のお清めの場で提供する仕出し弁当を始めたものの、コロナによって提供ができなくなり、やむなく自ら海鮮丼のフードデリバリーをスタート。

その後、他ブランドへのフランチャイズ加盟を検討しているとき、huriuri運営側から打診を受けて「野菜食人ビビンバさん」への加盟を決断します。

「最初からビビンバをやりたい想いで、始めたわけではありませんでした。」

西岡さんが加入を決めた理由は、料理の美味しさ、調理工程がある程度しっかりとあること(手軽すぎない)、そしてロイヤリティが成功報酬型でリスクゼロだったことを挙げています。ビビンバが世の中的にメジャーフードではない中で不安を抱えながらも、スタートしてみると順調に売上を伸ばしました。結果的に一つのブランドで50万と本部も驚くほどの売上を記録。

本部のサポートを受けながら自社配送にこだわる西岡さんの目標は「現状維持」だそうです。そんな堅実な姿勢こそが着実な成長を見せる秘訣なのかもしれません。

さらに詳しく知りたい方はこちらの記事をご参考ください!
画像クリックでインタビュー記事をご確認いただけます。

 

huriuriの事例2「優れたFC本部と自社配送で安定したゴーストレストラン運営を実現 サプライズボックス」

サプライズボックス インタビュー

フードデリバリーのフランチャイズ「デリラボ」に加盟し複数ブランドを展開するサプライズボックス。共同経営者の1人である増子さんは、お互いに飲食業経験者である同級生と居酒屋を経営しようとするも、予算が抑えられるゴーストレストランに魅力を感じ、開業。

いくつもあるフードデリバリーブランドの中からデリラボを選んだのは、料理のクオリティやユニークな業態のアイディアなどが決め手となったそう。デリラボの手厚いサポートもあり、増子さんたちのデリバリー事業は順調に成長していきました。現在は出前館とUber Eatsに登録をして合計8店舗を出店しているサプライズボックス。1ブランドで50万〜100万もの売上を記録しています。

「さらに運営するブランドの数を拡大していこうと考えています。」

目安として月商250万円くらいの売り上げがつくれればと思っています。

さらに詳しく知りたい方はこちらの記事をご参考ください!
画像クリックでインタビュー記事をご確認いただけます。

 

まとめ

ゴーストレストランは、初期投資を抑えながら誰でも独立しやすいフードデリバリー専門の飲食業態です。中食市場が盛り上がっている今、ゴーストレストラン業界に追い風が吹いている状況です。しかし、参入しやすいからこそ激しい競争も起きています。通常の飲食店同様に、本当に美味しい本格的な料理と、顔が見えないからこそ感じられるサービスの工夫が求められています。

ゴーストレストランは飲食業界にとって厳しいコロナ禍を生き抜いていくための有効的な手段のひとつです。効率よく売上を上げる方法として、ゴーストレストラン参入も検討してみてはいかがでしょうか。

huriuri(フリウリ)では専任のコンサルタントが、皆様の現状をお伺いいたうえで、最適なデリバリーブランドのご提案をさせていただいております。ゴーストレストランをはじめてみたい、すでに運営しているが更に成長させていきたいとお考えの方はお気軽に「huriuri無料相談」をご活用ください。

※画像クリックで無料相談お申込みページが表示されます

● huriuri(フリウリ)について

huriuri(フリウリ)は掲載数No.1のフードデリバリーブランドのFC比較サイトです。実績のあるFCブランドの加盟を検討している方とFC本部のマッチングを支援します。どなたでも 'カンタン' にブランドを見つけ、加盟店募集を可能にするサービスです。

無料相談窓口icon-email