huriuri

ログイン新規登録
ニュース一覧に戻る
特集

ゴーストレストランの開業方法は?おすすめポイントや注意点も踏まえて解説

シェアツイート
ゴーストレストラン 開業-バナー

フードデリバリー市場の成長に伴い、新たなビジネスとしてゴーストレストランの開業を検討される方が増えてきました。

今記事では、ゴーストレストラン開業の手順やゴーストレストランを開業するための取得するべき資格について解説していきます。

ゴーストレストランとは

ゴーストレストラン 開業1

ゴーストレストランとは店舗を持たずにネット注文のみで飲食店を経営できるデリバリー専門店のことです。

通常の飲食店と比べて開業費用が抑えることができるだけでなく、店内での接客・お客様とのやり取りが発生しないため、採用費や人件費を抑えることもできます。

 

ゴーストレストランを開業する手順

次にゴーストレストランの開業手順を説明していきます。

  1. 物件準備(家賃が安い、調理設備がある、ある程度人口があるなど)
  2. ゴーストレストランの開業に必要な資格の申請・取得
  3. 出店するブランド、業態の選定(オリジナルかFC加盟か)
  4. 出店するプラットフォームの選定(できるだけ多い方が良い)

大きく以上の流れで開業準備を進めていきます。

 

物件準備(家賃が安い、調理設備がある、ある程度人口があるなど)

ゴーストレストラン 開業2

はじめに、ゴーストレストランに適した飲食店の物件を探しましょう。

ゴーストレストランで開業する際の物件探しのポイントは以下の通りです。

  • デリバリーの販売商圏にあった最適な立地の選定
  • 稼働中の配達員が多いエリアを探す
  • 居抜き物件の選定

 

デリバリーの販売商圏にあった最適な立地の選定・提供するジャンルの設定

ゴーストレストラン開業ポイントの一つ目がデリバリーのニーズが高い立地を選定することです。UberEatsの場合、特に単身世帯での注文が多いため、単身世帯が多いエリアに店舗を構えるのもおすすめです。

また、近隣に自身が出店しようと考えている業態の競合店がどの程度存在するのか事前に確認しておくことも重要です。競合が多い場合、売り上げをのばすことが難しくなります。

 

稼働中の配達員が多いエリアを探す

ゴーストレストラン開業のための物件探しのポイント二つ目が配達員が多いと思われるエリアにお店を構えることです。いくら魅力的なお店を出店しても、自社配送をしない限り配達員のいないエリアではお客様から注文を受けることができません。

 

居抜き物件の選定

ゴーストレストラン 開業3

ゴーストレストラン開業のポイントの3つ目が居抜き物件を探すことができるかどうかです。居抜き物件の一番のメリットは初期費用をおさえることができる点です。

以前飲食店が使用していた調理設備をそのまま利用できるため、初期費用をおさえることができます。

 

ゴーストレストランの開業に必要な資格の申請・取得

ゴーストレストラン 開業4

次に、ゴーストレストランの開業に必要な資格の取得です。

以下の2つの資格が必要です。

  1. 食品衛生責任者
  2. 飲食店営業許可証

 

食品衛生責任者の取得

飲食店を営業する場合、食品衛生責任者という有資格者を店舗に1人設置しなければなりません。食品衛生責任者は各都道府県の食品衛生養成講習会の受講後資格を取ることができます。

申し込み方法は各都道府県によって異なりますので、各都道府県の食品衛生協会の公式サイトを確認しましょう。

 

飲食店営業許可証の取得

次に、飲食店営業許可証の取得が必要です。飲食店営業許可証とは、開業するお店を保健所に申請し、審査基準を満たせば受け取ることができます。申請書類の準備なども含め、取得まで2週間程度かかることを理解しておくといいでしょう。

 

出店するブランド、業態の選定(オリジナルかFC加盟か)

ゴーストレストラン 開業5

次に、出店する業態の選定が必要です。特にゴーストレストラン開業時に重要なポイントがオリジナルで店舗出店するかフランチャイズ(FC)に加盟するかどうかです。

フランチャイズ(FC)に加入することで本部の持っているデリバリーに関するノウハウを活用することが出来ます。様々なエリアでテストをくり返し、日々ブラッシュアップされているメニューをそのまま利用することができるので、デリバリー専門店や飲食店が未経験の方でも比較的リスクをおさえて、ゴーストレストランを始めることができます。

調理技術や写真撮影などに自信のある方であればオリジナル業態を開発することも可能です。時間や労力はかかりますが、費用を抑えることは可能です。

 

出店するプラットフォームの選定(できるだけ多い方が良い)

ゴーストレストラン開業の準備3つ目が出店するプラットフォームを選定することです。

現在は主に以下のフードデリバリーサービスがあります。

  • Uber Eats
  • 出前館
  • menu
  • DoorDash
  • Wolt

営業する地域によって展開しているサービスも異なりますが、できる限り多く登録することで販路拡大につながります。

 

タブレットの用意・ネット環境の準備

次に、タブレット・ネット環境を用意しましょう。フードデリバリーの注文を受けるために、タブレットの用意が必要です。

また、インターネット環境も整備しておくと、タブレットのSIMカードの契約をしないでフードデリバリーの注文を受け付けることができます。

 

プラットフォームへの登録

ゴーストレストラン 開業6

出店するプラットフォームが決まったら加盟店登録をしていきます。現在、フードデリバリーサービスの加盟店登録も大変増えているため、できる限り早めに登録しておくことをおすすめします。

メニューの登録・加盟店の申請等手続きは多数ありますが、Uber Eatsに加盟店登録するまでにだいたい1ヶ月程度かかります。

 

自社配送も活用

最後に自社配送も活用できるよう準備していきましょう。自社配送の一番のメリットは手数料を抑えることができることです。Uber Eatsの場合、配達代行を利用した場合と自社配送を利用する場合で20%程度手数料に差が出ます。

自社配送の場合、バイクや自転車などの準備が必要にはなりますが、長い目でみたときに利益率を高めていくことは非常に重要です。

まとめ

ゴーストレストランの開業の手順を説明してきました。

まとめると以下の手順で進めていきます。

  1. 物件準備
  2. 営業許可の取得
  3. 出店するブランド、業態の選定(オリジナルかFC加盟か)
  4. 出店するプラットフォームの選定(できるだけ多い方が良い)
  5. タブレットの用意・ネット環境の整備
  6. プラットフォームへの登録
  7. 自社配送も活用

ゴーストレストランの開業を検討している方は是非参考にしてみてください。

● huriuri(フリウリ)について

huriuri(フリウリ)は掲載数No.1のフードデリバリーブランドのFC比較サイトです。実績のあるFCブランドの加盟を検討している方とFC本部のマッチングを支援します。どなたでも 'カンタン' にブランドを見つけ、加盟店募集を可能にするサービスです。

無料相談窓口icon-email

ホーム

検索

気になる

資料請求

話を聞きたい

New

市場調査