huriuri

ログイン新規登録
ニュース一覧に戻る
特集

東京でゴーストレストランを運営するならここがオススメ!

シェアツイート
東京ゴーストレストラン

近年、デリバリー専門の飲食業態「ゴーストレストラン」が注目されています。同時に、一つの拠点で複数のレストランがシェアして利用できるゴーストキッチンも増えてきています。

ゴーストキッチンは、厨房器具や食材の保管場所が整っており、ゴーストレストランを開業したい人におすすめしたい場所のひとつです。今回は、東京で増えてきているゴーストキッチンを運営する会社を紹介します。また、東京で人気のゴーストレストランブランドもまとめていますので、デリバリーブランドを探している方はぜひ参考にしてください。

 

東京でゴーストレストラン専用のビルの登場

飲食店のキッチン

ゴーストキッチンは、「シェアキッチン」「クラウドキッチン」などとも呼ばれ、フードデリバリー専門の飲食店、ゴーストレストランが入居できる調理施設です。近年東京など都心を中心に盛り上がりを見せています。

株式会社SENTOENが運営するKitchenBASE(キッチンベース)は2020年、神楽坂に5階建で21もの店舗が入れる国内最大規模のシェア型ゴーストキッチンをオープンし、話題になりました。

参考記事
デリバリー専用のシェア型クラウドキッチン「KitchenBASE(キッチンベース)」全21キッチン、ビル1棟の超大型2号店を神楽坂に今夏オープン!

こうした複数店舗が入ることのできるシェア型のゴーストキッチンを利用するメリットとは何でしょうか?まず挙げられるのが手軽にデリバリー専門店が始められるという点です。

通常の飲食店をオープンするには、冷蔵庫やガスレンジなど調理に関するインフラ設備や器材を自分で用意しなければなりません。しかしゴーストキッチンには、フードデリバリーに必要な環境・設備が最初から整っています。契約を済ませれば、オープンまで最短距離で進むことができるでしょう。

また、シェア型のゴーストキッチンはさまざまな面でコストを大幅に節約できます。ゴーストキッチンでは調理場のみの小さなスペースでの営業が可能なため、水道光熱費が抑えられます。また人員もあまり必要ないため人件費も削減できるのは大きなメリットと言えるでしょう。

このようにゴーストキッチンでの開業は少額投資でスタートできるため、多額の借入をする必要がありません。投資が少なく、撤退しやすいことで挑戦するハードルも下がります。ゴーストレストランをオープンする場所として、ゴーストキッチンはスモールスタートしたい人に向いているのです。

 

東京でゴーストキッチンを運営している会社を紹介

飲食店のキッチン2

近年増えてきているゴーストキッチン。運営している会社はフードデリバリーを得意とした会社以外にも、大手不動産会社であったり外資系大手などさまざまです。

ここでは、東京を中心にゴーストキッチンを展開している会社を5つ紹介します。

 

KITCHEN WAVE(キッチンウェーブ)

https://kitchenwave.jp/

キッチンウェーブは五反田にあるゴーストキッチンです。ソーシャルメディアやシェアリングエコノミー事業などを展開する株式会社ガイアックスが、2021年にゴーストキッチン韓国大手の「WECOOK」と提携し立ち上がりました。

五反田は3km範囲内と言われているデリバリーの商圏エリア内人口が渋谷よりも多く、ゴーストレストランをスタートするのに最適なエリアのひとつです。

キッチンウェーブでは、入居者のニーズに応えられるよう料金体系が2つ用意されています。初期費用を抑えられる代わりに売上で料金が変わる「レベニューシェアモデル」や定額で支払い可能な「シェアキッチンモデル」から選べます。月額費用は¥125,000からとなっています。

日本だけでなく、韓国で培われたフードデリバリーノウハウも習得できるのはキッチンウェーブならではの特徴といってよいでしょう。

 

Kitchen BASE(キッチンベース)

https://kitchenbase.jp/

キッチンベースは国内最大級のゴーストキッチンで、1拠点で20以上のキッチンが入居可能です。東京を中心に着実に拠点を増やしており、業界のリーディングカンパニー的な存在と言ってもよいでしょう。運営は株式会社SENTOENです。キッチンベースは入居者がフードデリバリーに専念しやすい環境作りに注力しています。

例えば、日夜で2回転させるユニークな営業形態、キッチンベース独自の注文管理システムによるデリバリー配達員の手配、そして入居者同士のコミュニケーション促進などさまざまな取り組みを行っています。売上支援の相談なども積極的に行うため、入居者は安心して料理とサービスの向上に専念できるのです。

料金体系は「フル」「ハーフ」「スケルトン」と店舗作りの自由度によって設定されています。画一的な設備の中での営業が求められるゴーストキッチンの中で、自分のやりたいことが実現しやすい環境と言えるでしょう。

 

ゴーストレストラントーキョー

https://www.theghostrestaurant.tokyo/

2022年3月に水道橋でオープンしたばかりのゴーストキッチンです。ゴーストレストラントーキョーには一般的なシェア型のキッチンスペースに加えて、1時間単位で使用可能なキッチンも用意されています。そのため、1日限定のキッチンカーでの出店やYouTubeの撮影などにも利用可能です。

デリバリーサービスに複数登録したいときも、タブレット1台で全て管理できる独自システムを組み込んでいるので便利です。使い方もしっかりサポートする体制が整っています。一般的にゴーストキッチンは複数店舗が入居しているので安全面で不安が残ります。しかし、ゴーストレストラントーキョーには監視用カメラの設置や利用者のスマホで施錠できるエントランスなどセキュリティーにも力を入れています。

母体の株式会社ランデスホールディングスはIT系の企業で、アプリやタブレット操作などに関するサポート体制も万全です。

 

CITY KITCHEN(シティキッチン)

https://www.livable.co.jp/citykitchen/

シティキッチンは東急不動産のグループ会社「東急リバブル」が運営しています。拠点は大型複合施設や飲食店や高級マンションが集う六本木にあります。

不動産事業を専門とする同社が空きスペースの活用対策として2021年にスタート。豊富な不動産情報を武器に、デリバリーに最適な立地としてワインバーを改築して立ち上がりました。

不動産企業らしい独自の取り組みが特徴で、シティキッチンに入居しているブランドを東急リバブルが保有するマンションで宣伝したり、実店舗での独立時には優良物件を紹介するサポートなどを行っています。

他業界からの参入ではありますが、ゴーストレストランのメリットでもある低コストでの運営や入居者同士の交流を支援するなど競合に勝るとも劣らない仕組みが整っています。

 

DELICIOUS FACTORY(デリシャスファクトリー)

https://delicious-factory.com/

デリシャスファクトリーでは、出店費を50万円からと低額に設定しながらも完全個室の独立型かつプロ仕様の調理場環境が整っています。運営の株式会社フードテラスはゴーストキッチンだけでなく直営のゴーストレストランも持っており、入居者と同じ目線でのサポートもひとつの武器となっています。

一般的にゴーストレストランはデリバリー専門という位置付けでしたが、デリシャスファクトリーではテイクアウト用のカウンターも用意されています。デリバリーとテイクアウトは相性が良く、デリシャスファクトリーでは兼業している店舗の方が売上を伸ばしているという実績もあります。

顧客単価が高い世田谷エリアで出店できるのも魅力です。

 

東京でおすすめのゴーストレストランのブランドを紹介

食卓に並ぶサラダ

ゴーストレストランで人気のブランドにはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、東京で人気のゴーストレストランブランドを3店紹介します。

画像クリックでブランド紹介ページをご確認いただけます。

 

ハラミ焼肉専門 繁松

ハラミ焼肉専門-繁松-アイキャッチ画像

高級感溢れるハラミ肉が自宅で堪能できるようにと豪華丼物として提供しているデリバリーブランドです。20〜40代の顧客層をターゲットにしています。ハラミは牛や鶏、豚肉があり、ハーフ&ハーフも可能。ソースも熟成もろみ・ねぎ塩・しょうゆの3種類から選べます。自宅での食事用だけでなく、企業の仕出し弁当としても好評です。

商品数はそれほど多くありませんが、単価を高く設定でき、効率よく利益を得られることができます。また、メニューが少ないことで管理しなければならない食材が少なくて済み、オペレーションも簡略化しやすいのも利点です。

  • 加盟金 ¥100,000
  • ロイヤリティ 5%
  • 保証金 ¥100,000
  • 減価率 30%
  • 契約期間 1年

 

お玄さんのねばとろ丼

ねばとろ丼-紹介画像

加盟数60店舗を誇るヘルシー食ブランドで、デリバリーブランドを80以上持っている「Deli Station(デリステーション)」の中でもトップクラスの人気を誇ります。お玄さんのねばとろ丼は「健康第一!完全栄養食の玄米、とろろで体腸管理を」をテーマにし、健康への意識が高い層へ魅力的な訴求が可能です。

全国加盟店の平均売上は50万円、リピート率が40%と盤石の売上体制を築いています。加盟金などが無料のため、初期費用は0円で開業でき、具材も盛るだけで簡単に作れるので、手軽にすぐゴーストレストランをオープンしたい人にはおすすめのブランドです。

保証金などがかからない分、ロイヤリティが10%とやや高めの設定になっているため、費用面は総合的に捉えて検討した方がよいでしょう。

  • 加盟金 ¥0
  • ロイヤリティ 10%
  • 保証金 ¥0
  • 減価率 20%
  • 契約期間 1年

 

サラダボウル専門店 GRIT TODAY

GRIT TODAY-紹介画像

ヘルシー志向の高い層が集まる恵比寿で絶大な人気を誇り、リピート率65%という脅威の数字を叩き出しているのがこのGRIT TODAYです。

毎日食べても飽きない工夫で多くの人のハートを掴んだサラダボウルですが、作り方はシンプルでただ盛り付けるだけ。誰でも作れる簡単なオペレーションなので未経験者でも作ることができます。

既存店舗がスムーズに導入できるように開店に必要な設備や教育をトータルでのサポートを行っています。その中で最短10日でオープンできるスピード感は、すぐにでもデリバリーサービスを始めたいという方にぴったりでしょう。

売上で変動するロイヤリティはなく、月額¥30,000の固定費なので売上の見通しが立てづらいオープン初期は大変かもしれません。しかし、営業スタート後も本部の売上対策におけるサポートがあるので、安心して営業に専念できる体制が整っています。

  • 加盟金 ¥0 ※キャンペーン中
  • ロイヤリティ ¥30,000
  • 保証金 ¥0 ※キャンペーン中
  • 減価率 32%
  • 契約期間 1年

 

まとめ

東京タワー

ゴーストレストランが流行の波に乗り、ゴーストキッチンも数を増やしてきています。まだ創成期ではありますが、この先伸びていく可能性を存分に秘めています。

ゴーストキッチンは全て同じように見えて、立地や環境、料金体系など運営企業によってさまざまです。自分がどんなゴーストレストランを開きたいのかを明確にし、照らし合わせながら最適な場所を探すようにしましょう。

美味しくてユニークなデリバリーブランドもたくさん生まれてきています。今後のゴーストレストラン業界の情報に要注目です。

 

● huriuri(フリウリ)について

huriuri(フリウリ)は掲載数No.1のフードデリバリーブランドのFC比較サイトです。実績のあるFCブランドの加盟を検討している方とFC本部のマッチングを支援します。どなたでも 'カンタン' にブランドを見つけ、加盟店募集を可能にするサービスです。

無料相談窓口icon-email