huriuri

ログイン新規登録
ニュース一覧に戻る
特集

ゴーストレストランは違法ではない!安全に開業するために知っておきたいこと

シェアツイート
ゴーストレストランは違法ではない!安全に開業するために知っておきたいと

ゴーストレストランが順調に市場拡大を遂げていく中、ゴーストレストランは違法なのかという話題がよく上がっています。実際にゴーストレストランは違法なのでしょうか?

結論から先に言うと、ゴーストレストランは違法ではありません。では、なぜ違法と疑われているのでしょうか?

今回はゴーストレストランの違法性についての解説と今後考えられる規制についてまとめます。同時にゴーストレストランの概要やメリット・デメリットなども簡単に振り返るのでご参考ください。

目次

  1. そもそもゴーストレストランとは
  2. ゴーストレストランは違法なのか?
  3. なぜ違法を主張する人が多いのか
  4. ユーザーからの評判が悪い
  5. ゴーストレストランのメリットか
  6. ゴーストレストランに対する規制が今後厳しくなる可能性

 

そもそもゴーストレストランとは

ゴーストレストラン仕組み

ゴーストレストランの違法性について確認する前に、まずはゴーストレストランとは何なのかをおさらいしておきましょう。

ゴーストレストランは、デリバリーのみを専門とした飲食業態です。客席を持たず、店看板もありません。WEBサイトやアプリで注文を受け取り、決済はWEB上またはアプリ上で取引されるため、ほとんどの管理業務はインターネット上で行われます。

日本ではここ数年で「Uber Eats」「出前館」などのデリバリーアプリが日常的に使われ、自宅にいながらプロの料理が手軽に楽しめるようになりました。新型コロナによって自宅で食事する人が増えたという背景も後押しとなり、ゴーストレストランの利用者や業界へ参入する企業が急増しています。

ゴーストレストランは、コスト面や調理の手軽さなどから未経験でも開業しやすい業態です。また、元々日本にはラーメン屋や蕎麦屋などで出前文化があったことも普及スピードを加速させた要因と言えるでしょう。

 

ゴーストレストランは違法なのか?

最初にも述べた通り、ゴーストレストランは現在違法とは認定されていません。合法的に開業できる飲食業態です。ゴーストレストランを法に則って開業するためには、「飲食店営業許可証」「食品衛生責任者の資格」が必要です。この2つが揃えば合法的にゴーストレストランを開業できます。

しかし、1つの営業所につき参入可能なジャンル数は特に規定されていません。例えば、一つのキッチンで複数の飲食デリバリー専門店を出店することも可能なのです。以前、Twitter上では、ひとつの拠点で20以上もの専門店を運営している店舗があると指摘された事例がありました。

このことがゴーストレストランは違法と見られてしまう大きな要因にもなっています。詳しくは後半で改めて取り上げます。

 

なぜ違法を主張する人が多いのか

「ゴーストレストランは違法」と言われるようになった原因はいくつか考えられます。ひとつは、専門機関の発言です。

例えば、とある弁護士が「1つの許可証で本業以外の専門店を出すのは不適切」と発言をしていたり、東京都の保健所が「ゴーストレストランの詳細はチェックしていない」等のコメントも発表されています。

法のプロや、飲食店の衛生面を管理する保健所の発言は、「ゴーストレストランは違法だ」という印象を与えるのに大きく影響していると見てよいでしょう。また、それとは別に、ユーザーやデリバリーサービス配達員のクチコミも影響をあたえていると考えられます。

 

ユーザーからの評判が悪い

Twitterなどの口コミを見てみると、ゴーストレストランを利用したユーザーからはネガティブな感想が多く見受けられます。

写真よりも大きく見劣りする料理が届いたり、不衛生な調理環境がネット上で報告されていることで、ゴーストレストランに対する印象は一部で悪化しています。

さまざまな方面で悪評が見受けられますが、クオリティの高い商品をしっかりと提供して高い評価を得ているゴーストレストランも存在します。美味しい料理と安心して利用できる一定のホスピタリティが求められるのは、通常の飲食店と同じことと言えるでしょう。

 

ゴーストレストランのメリット

ゴーストレストラン-違法-写真3 さて、ここまでゴーストレストランの違法性について触れてきましたが、次はメリットとなる側面もお伝えします。

 

1. 初期費用を安く抑えられる

フードデリバリー専業となるゴーストレストランでは、外観や内装などを必要以上に飾る必要がありません。そのため、通常の飲食店では数百万円単位で発生する施工費用が大幅に節約できます。

フードデリバリー専門ブランドのフランチャイズに加盟する場合は、登録費用などの初期費用が発生しますが、多くのところで導入しやすいよう低額で設定されています。以上のように、さまざまな面で初期費用を抑えて開業できるのがゴーストレストランの大きなメリットのひとつです。

 

2. 家賃を安く抑えられる

ゴーストレストランは、イートインでのサービス提供がなく、調理場のみの環境・設備があれば開業できます。来店での集客も考える必要がないため、2階や3階などの空中階や人通りの少ない2等立地など賃料の安い物件も視野に入れて場所を選ぶことができます。

家賃を抑えられるのは大きな固定費削減に繋がり、ゴーストレストラン開業において大きなメリットといえるでしょう。家賃は現状のままで新しい販売チャネルを生み出すことができるので、効率よく売上アップが見込めます。

 

3.ユーザーに利用してもらえる可能性が高くなる

フードデリバリーを展開している飲食店は、複数のブランドに加盟しているケースが少なくありません。いくつものブランドを展開することで、さまざまな層のユーザーへアピールすることができます。

 

ゴーストレストランに対する規制が今後厳しくなる可能性

ゴーストレストラン-違法-写真4

最初にも取り上げましたが「一つの拠点で20店舗以上の店舗を営業している」とTwitterで取り上げられ、問題視されたことがありました。

一企業がいくつもの飲食ブランドを展開しているのはよくあることです。それではなぜゴーストレストランで複数ブランドを持つことが問題になるのでしょうか?

それは優良誤認に抵触するような事態が発生しているからです。

 

ゴーストレストラン業界で問題視される「優良誤認」とは?

優良誤認について、消費者庁は下記のように定義しています。

「商品・サービスの品質を、実際よりも優れていると偽って宣伝したり、競争業者が販売する商品・サービスよりも特に優れているわけではないのに、あたかも優れているかのように偽って宣伝する行為が優良誤認表示に該当します。」
引用:「優良誤認とは」消費者庁HP

ゴーストレストランは、ジャンルを絞って商品を提供することが多く、「専門店」として出店する店舗が少なくありません。専門店と聞くと一般消費者はクオリティの高いものが届くことを期待します。

しかし、口コミなどでもあるように誰が見ても明らかにクオリティが低い商品を提供した場合などは、優良誤認の規定に抵触する可能性が出てくるのです。

 

今後考えられるゴーストレストランへの規制

ゴーストレストランは、気軽に誰でも簡単にオープンできるメリットがある反面、粗末な商品が流通してしまうという事態も発生しています。ただし、これは複数の店舗・ブランドを展開すること自体が問題なのではなく、メニューと同様の料理がしっかりと届けられているかどうかが重要な問題といえます。

これまでゴーストレスランが違法として摘発されるケースはありませんでした。しかし、口コミにあるようなひどいケースが続出すれば、優良誤認に抵触したとして罰が科されることも考えられます。

 

まとめ

ゴーストレストラン-違法-写真1
ゴーストレストランは合法的に営業しているのに「違法ではないか?」と疑われている理由がおわかりいただけましたでしょうか?

実際の料理よりも見栄えのいい写真をWEB上で使用したり、管理しきれないほどのブランドに加盟するなどの結果が優良誤認という問題として浮き彫りになっています。ゴーストレストランは、厳しいコロナ禍で変容した消費者のニーズに寄り添うことができる新しい飲食業態です。

少子高齢化によって自宅で食事を済ませたい高齢者も増えていきます。そうした時代の流れにも乗って、さらに拡大が見込める市場でもあります。本当にいいものをお客様に提供していくこと。それを守り続けていけば、ゴーストレストラン業界も今以上に支持を集めていけるのではないでしょうか。

● huriuri(フリウリ)について

huriuri(フリウリ)は掲載数No.1のフードデリバリーブランドのFC比較サイトです。実績のあるFCブランドの加盟を検討している方とFC本部のマッチングを支援します。どなたでも 'カンタン' にブランドを見つけ、加盟店募集を可能にするサービスです。

無料相談窓口icon-email

ホーム

検索

気になる

資料請求

話を聞きたい

New

市場調査