huriuri

ログイン新規登録
ニュース一覧に戻る
特集

テイクアウト集客の成功方法|バーチャルレストランによる複数ブランド戦略とは?

シェアツイート
huriuri-news

コロナ禍以降できるだけ家から出ずに自宅内で過ごす方が増えたことで、飲食のテイクアウト専門店の開業が急激に増えています。

テイクアウトを専門とするお店は、イートインスペースの必要がないため、一般的な飲食店よりも狭い店舗で運営できるのがメリットです。

その一方で、店舗の立地がよくない場合には、固定客がつくまでに時間がかかるといった集客の問題があります。

そこで今回は、テイクアウト専門店の集客に成功する方法や、バーチャルレストラン化による複数ブランド戦略について徹底解説します。

いまテイクアウト専門店を営業している方はもちろん、これから開業を目指している方も、ぜひ参考にしてください。

テイクアウト専門店の集客方法

テイクアウト 集客

テイクアウト専門店の集客方法には、大きくオンライン集客とオフライン集客の2種類に分けられます。

以下では、それぞれの集客方法と実例を詳しく解説します。

オンライン集客

インターネット上でお店の情報を発信する方法になります。いずれも費用がほとんどかからないのが魅力です。

SNSの活用

SNSを使った集客は、登録費用が無料で、すぐに始められるのがメリットです。

SNSの特徴は、有料の広告ツールと比較して、手軽に自分が思うような広告を行うことができる点です。

おすすめのSNSとしてはTwitterやInstagram、Facebookなどがありますが、それぞれに特徴や強みが異なり、利用するユーザー層も異なります。

まずは、自店でターゲットとする客層の多いSNSから始めるのがおすすめです。

動画の作成

動画撮影した調理風景や食べ物は、写真とは違った魅力があります。

視覚と聴覚に訴えることができる動画広告は、ユーザーにインパクトがあるため、積極的に取り組みましょう。

撮影した動画は、TikTokやYoutube にアップロードしたり、お店のホームページやその他のSNSに載せたりと様々な活用の仕方が考えられます。

Googleマイビジネス

Googleマイビジネスとは、ユーザーが検索やマップ機能を利用する際に、店舗の位置情報などを表示させられるサービスです。

メニューの写真や営業時間、位置情報などの基本的な情報はもちろん、テイクアウトやデリバリーのお店であることをしっかりとアピールできます。

オフライン集客

次にオフライン集客について解説します。オフライン集客には、費用のかかるものとかからないものがあるため、自店にあった集客方法を選びましょう。

のぼり旗

のぼり旗を設置するのは、飲食店の最もメジャーな集客方法の1つです。比較的安価で、お店の外から目立つ告知ができるため、導入しやすいのが特徴です。

また、オリジナルのデザインで店舗イメージをユーザーに伝えたり、店舗名や営業時間などを入れてより具体的な訴求も可能です。

折り込み広告

折り込み広告は、特定のエリアに絞った訴求ができる魅力があります。

折り込み広告のメリットは、ポスティング業者に依頼するよりも費用が安く済む点です。

ただし、原則として新聞配達時に折り込まれるため、新聞購読者の目にはつきやすいものの、新聞の購読者にしか告知できないというデメリットもあります。

近年は若者の新聞離れも進んでいるため、自店のターゲットに合うかどうかを判断しましょう。

ポスティング

お店の近隣エリアに宣伝する場合は、ポスティングがおすすめです。ポスティングを自分で行わず、業者に依頼する場合は、費用が比較的高くなるケースがあるため注意が必要です。

折込チラシと比較すると、より幅広いユーザーに向けてチラシを配布できるため、テイクアウトやデリバリーを広く認知してもらえるでしょう。

フリーペーパー

フリーペーパーとは、公共施設やコンビニなどの幅広い場所で無料配布される小冊子です。

ポスティングと同様に、幅広いユーザー層にアプローチできるため、新規顧客の獲得が期待できます。

費用も広告サイズによって選べるため、広告予算と相談しながら、最適なサイズを選びましょう。

テイクアウト専門店の集客ポイント

テイクアウト 集客

テイクアウト専門店の集客に成功するためには、次のポイントを押さえておくことが大切です。下記でそれぞれ解説しますので、参考にしてください。

店舗立地

店舗の立地が住宅密集地や、駅に近いといった利用しやすい場所にある場合は、比較的集客しやすい傾向にあります。

ただし上記のような好立地ではない場合でも、自店のホームページやSNSなどで、お店の位置情報などを分かりやすく記載することで、集客に役立てることができるでしょう。

料理の質

テイクアウト専門店では、料理の品質ももちろん重要です。

テイクアウトを利用する理由は「たまにはおいしいものを食べたい」や「自炊が面倒」といった内容が多く、ご家庭では普段味わえないような料理を提供しているお店がテイクアウトでも人気です。

料理を持ち帰れるようにするための容器や温度などにも気を配りながら、テイクアウトならではの見た目と味を楽しんでもらえるようなメニュー構成を考えましょう。

容器の工夫

テイクアウト料理では、持ち帰ってからの見た目も重要なポイントとなります。

そこで、テイクアウト料理を購入したユーザーの顧客満足度を高めるために、美味しそうに見える容器選びが重要です。

また、保温機能や捨てやすいといった容器を選ぶことも大切です。

デリバリー事業

テイクアウトを専門とするお店をオープンしたものの、立地があまり良くなかったなどの理由で、お客さんがあまり来ないといったケースはよくあります。

そんなときは、テイクアウトより立地の影響が少ないデリバリー事業を始めるのもひとつの手です。

Uber Eatsや出前館などの配達代行サービスを利用すれば、配送のための人員を増やす必要もありせん。

もし、テイクアウトの事業で手が空いている場合は、デリバリー事業も行うことを強くおすすめします。

テイクアウト専門店のバーチャルレストラン化

コロナ禍でテイクアウト専門店の数が増加する一方で、一部のテイクアウト専門店は厳しい経営状況に直面しているようです。

そんな中、厳しい経営状況から脱却を計るために、テイクアウト専門店のバーチャルレストラン化が進んでいくかもしれません。

バーチャルレストランとは、実店舗のキッチンを利用して、異なる業態のデリバリー事業をしている店舗を指します。

例えば、唐揚げのテイクアウト販売をしながら、デリバリーでサラダを販売しているような店舗のことです。

テイクアウト専門店がバーチャルレストラン化する大きなメリットは、「今ある人材、設備を有効活用できる」という点にあります。

お客さんが来ないときの手が空いた時間や、空いたキッチンでデリバリー事業を行うことでリソースの無駄がなくなります。

また、デリバリー向けのフランチャイズブランドを利用すれば、商品開発、デリバリーサービス登録のサポートが受けれるので、最短数週間でバーチャルレストランを始められるのも魅力の1つです。

バーチャルレストランについてさらに知りたい方は、下の記事をお読みください。

テイクアウト専門店の集客方法のまとめ

このようにテイクアウト専門店の集客方法は、一般的な飲食店と異なる点も多いのが特徴です。

テイクアウト専門店で成功するためには、できるだけ費用のかからない運営をおすすめします。

そこで、SNSなどを通じてショート動画などを拡散すると良いでしょう。

またデリバリーサービスを積極的に活用することで、Uber Eatsや出前館の利用者に自店が自動的に紹介されるのも魅力です。

飲食店経営は2020年以降、大きな変革期を迎えています。

働き方改革や新型コロナウィルスの影響で、個人がスモールビジネスを展開しやすいテイクアウトやデリバリーの専門店が人気です。

テイクアウト専門店を経営しながら数字が上がらないとお悩みの方や、これから新しく開業をお考えの方は、ぜひ一度huriuriにご相談ください。

多くのフランチャイズ経営の成功事例を基に、あなたに最適な経営プランを無料で提供いたします。

また下記の資料では、ご自分にはどのブランドが最適かといった判断がつきにくい方のために、huriuriコンサルタントによる「無料相談窓口」のご案内をさせていただいております。ぜひご活用ください。

● huriuri(フリウリ)について

huriuri(フリウリ)は掲載数No.1のフードデリバリーブランドのFC比較サイトです。実績のあるFCブランドの加盟を検討している方とFC本部のマッチングを支援します。どなたでも 'カンタン' にブランドを見つけ、加盟店募集を可能にするサービスです。

無料相談窓口icon-email

ホーム

検索

気になる

資料請求

話を聞きたい

New

市場調査