huriuri

ログイン新規登録
ニュース一覧に戻る
特集

テイクアウト専門店で成功する3つのポイント|少ない投資で稼ぐコツとは?

シェアツイート
テイクアウト専門店で成功する3つのポイント|少ない投資で稼ぐコツとは?

コロナ禍で外出自粛が求められる中、調理済みの食品を購入し、自宅や職場などで食べる「中食」が人々の生活に浸透していきました。

それに伴い、テイクアウトの需要が拡大し現在ではテイクアウト専門店も街で多く見られるようになりました。

実はいま、テイクアウト専門店は、店舗の賃料や人件費を抑えた、これまでの飲食店とは異なる営業形態として注目を集めています。

そこで今回は、テイクアウト専門店で成功する3つのポイントをはじめ、少ない投資で稼ぐコツについて徹底解説します。

いまテイクアウト専門店を営業している方はもちろん、これから開業を目指している方も、ぜひ参考にしてください。

テイクアウト専門店とは?

テイクアウト専門店

テイクアウト専門店とは、その名前の通りテイクアウトのみを扱う飲食店形態です。

一般的なレストランとは異なり、客席を持たないため、少ない人数、狭い場所での運営が可能です。

キッチンカー呼ばれる移動式の食品販売もテイクアウト専門店に含まれます。

最近ではファストフードやお弁当以外にも、からあげやエスニック料理、スイーツなど、さまざまな食べ物をテイクアウトできるお店が増え、特に2020年以降においては、新型コロナウィルスの蔓延によって外食産業が大きな打撃を受ける中、テイクアウトを行うお店の人気が一気に高まりました。

また飲食店で外食する際の消費税が10%かかるのに比べ、テイクアウトの場合には8%となる軽減税率も、テイクアウト店の人気に影響していると言われています。

テイクアウト専門店で成功するポイント

少ない初期投資で始める

テイクアウト専門店が成功しやすいポイントとして、初期費用が安く開業できることがあります。

初期費用とは、店舗の賃料や保証金だけでなく、設備や什器を揃える費用や初期仕入れなどの開業にかかる全ての費用を指します。

一般的な飲食店では、初期費用が1千万円以上かかる場合が多く、運転資金を含めると借り入れが必要となるケースも少なくありません。

しかし、テイクアウト専門店の場合は、キッチンと販売スペースがあれば運営できるので数百万円で開業できる場合もあります。

最適な物件を選ぶ

テイクアウト専門店を開業する際、物件探しは慎重に行いましょう。ポイントとしては「商圏人口の多い場所」「競合が少ない場所」を選ぶことが大切です。

お客さんは基本的に徒歩で買いにくるため、目安として徒歩5分圏内にどれくらいの人が住んでいるのか調べるとよいでしょう。大学周辺やオフィス街を選ぶのも一つの戦略ですが、売上が昼に集中する分、夜の売上が伸び悩むことがあります。

また、競合が多いと他店舗にお客さんが流れていくので、できるだけ競合の少ない立地を選ぶことがポイントです。

テイクアウト専門店の集客ポイント

テイクアウト専門店

テイクアウト専門店の集客では、オンラインで早く手軽に情報を発信することがおすすめです。

例えば、Googleマイビジネスで店舗情報を登録すれば、ユーザーが検索やマップ機能を利用する際に、店舗情報を表示させることができます。

またTikTokやTwitter、Instagram、FacebookなどのSNSを活用して、ターゲットとしている客層に宣伝するのも良い方法です。

それ以外にも、オフラインツールを利用した販促活動を行うのも効果的です。

テイクアウト専門店の宣伝に活用できるオフラインツールには、次のようなツールがおすすめです。

  • のぼり旗
  • 看板
  • 折込チラシ
  • ポスティング
  • フリーペーパー など

このような宣伝ツールを、お店の立地などに合わせて活用しましょう。

低リスクで始めるならフランチャイズ加盟がおすすめ

低リスクで開業したいという方は、フランチャイズに加盟するのがおすすめです。

フランチャイズ加盟のメリットは、食材調達、調理方法、集客などの様々なサポートが受けられることです。また、商品開発は本部側が行うので、飲食経営未経験の方でも比較的簡単に開業できます。

近年では、テイクアウトの需要が高まる中で、テイクアウトに対応したフランチャイズのブランドも多様化し、以前に比べて希望に合ったブランドを探しやすくなっています。

また、基本的にフランチャイズブランドの調理工程はシンプルなので、デリバリー事業も同時に行い、さらなる収益アップを狙う店舗も多いようです。

テイクアウト専門店のバーチャルレストラン化

コロナ禍でテイクアウト専門店の数が増加する一方で、一部のテイクアウト専門店は厳しい経営状況に直面しているようです。

そんな中、今後、厳しい経営状況から脱却を計るために、テイクアウト専門店のバーチャルレストラン化が進んでいくかもしれません。

バーチャルレストランとは、実店舗のキッチンを利用して、異なる業態のデリバリー事業をしている店舗を指します。

例えば、唐揚げのテイクアウト販売をしながら、デリバリーでサラダを販売しているような店舗のことです。

テイクアウト専門店がバーチャルレストラン化する大きなメリットは、「今ある人材、設備を有効活用できる」という点にあります。

お客さんが来ないときの手の空いた時間や、空いたキッチンでデリバリー事業を行うことでリソースの無駄がなくなります。

また、デリバリー向けのフランチャイズブランドを利用すれば、商品開発、デリバリーサービス登録のサポートが受けれるので、最短数週間でバーチャルレストランを始められるのも魅力の1つです。

バーチャルレストランについてさらに知りたい方は、下の記事をお読みください。

テイクアウト専門店の成功ポイントまとめ

このようにテイクアウト専門店の運営では、経営者自身がやりたい事業を中心としながら、儲かるフランチャイズ店を兼業できるのも大きな魅力です。

利益の出しやすいフランチャイズに加盟することで、メインとなる店舗の食品廃棄ロスを減らし、より収益性の高い事業を展開できる可能性もあります。

飲食店経営は2020年以降、大きな変革期を迎えています。

働き方改革や新型コロナウィルスの影響で、大企業が飲食業界に大量の資本と人材を投下して全国展開するといった拡大路線が終わり、個人がスモール展開しやすいテイクアウトやデリバリーの専門店が台頭しました。

テイクアウト専門店を経営しながら数字が上がらないとお悩みの方や、これから新しく開業をお考えの方も、ぜひ一度huriuriにご相談ください。

多くのフランチャイズ経営の成功事例を基に、あなたに最適な経営プランを無料で提供いたします。

また下記の資料では、ご自分にはどのブランドが最適かといった判断がつきにくい方のために、huriuriコンサルタントによる「無料相談窓口」のご案内をさせていただいております。ぜひご活用ください。

その他の特集記事はこちらから読めます。

特集記事一覧-バナー

● huriuri(フリウリ)について

huriuri(フリウリ)は掲載数No.1のフードデリバリーブランドのFC比較サイトです。実績のあるFCブランドの加盟を検討している方とFC本部のマッチングを支援します。どなたでも 'カンタン' にブランドを見つけ、加盟店募集を可能にするサービスです。

無料相談窓口icon-email

ホーム

検索

気になる

資料請求

話を聞きたい

New

市場調査