huriuri

ログイン新規登録
ニュース一覧に戻る
特集

これから伸びるフランチャイズは?人気のFCブランド4選を徹底解説

シェアツイート
フランチャイズ これから伸びる

リスクを抑えてビジネスを始めたいときは、フランチャイズで開業することがおすすめです。

しかし、どの業種のフランチャイズを選ぶかは慎重に検討を進める必要があります。

今回は、将来性や収益率の高さに注目しておすすめのフランチャイズを紹介します。

あわせて、人気のフランチャイズブランドも紹介するのでご参考にしてください。

これから伸びるフランチャイズとは

フランチャイズ

家事代行サービス、介護サービス、コインランドリーなど様々なフランチャイズ業界がありますが、今回はその中でも人気の高い飲食フランチャイズの紹介をしたいと思います。

飲食フランチャイズはすでに飽和状態にあるという声もありますが、実は、コロナ禍で飲食業界は大きく変化し、今新しいビジネスチャンスが生まれています。

激しい飲食業界の変動の中で、特に注目されているのがフードデリバリー業界です。

コロナの影響で外食が制限されたことで、お家でお店の味を楽しめるフードデリバリーが人々の生活に浸透し始めると、フードデリバリーに特化したフランチャイズ本部が次々に現れるようになりました。

それにしたがって、フードデリバリーに特化したレストランも増えていきました。それが、いわゆる「ゴーストレストラン」です。

ゴーストレストランについて詳しく知りたい方は、以下の記事をご参考にしてください。

 

人気のフードデリバリーフランチャイズブランド4選を紹介

ここでは、人気のフードデリバリーフランチャイズブランド4選を紹介します。

極太麻婆春雨

2021年10月21日放送のTBSテレビ「櫻井・有吉THE夜会」で指原莉乃さんのUber Eatsでのお気に入り商品として取り上げられ、話題になりました。

もちもち&つるつる食感の春雨に、山椒のピリピリとした爽やかな辛味が効いた濃厚なタレがやみつきになります。

極太麻婆春雨は、もともと本店で10年以上親しまれてきたメニューですが、2022年2月にFCパッケージ化し、現在では65店舗以上の加盟店を抱える人気FCブランドになっています。

極太麻婆春雨の詳しい情報は、下のボタンから確認できます。

詳細を見る

つじ田

「つじ田」は2005年の開店以来、東京のつけ麺文化を牽引してきたつけ麺店で、今では日本国内だけでなくアメリカにも進出するなど、国内外で「つじ田」ブランドを築きあげており、「つけ麺といえばつじ田」と言われるほどの高い認知度を誇っています。

創業時から何度も改良を重ねられたスープは、国産地鶏と国内の厳選した豚骨からなる動物系素材、昆布を含めた香り高い魚介系素材と、野菜など、合計十数種類の食材でつくられています。

2022年にFCパッケージ化され、現在最も注目されているブランドのひとつです。

つじ田の詳しい情報は、下のボタンから確認できます。

詳細を見る

油そばの南極堂DELI

元々は2020年にかき氷店としてOPENした店ですが、オフシーズン(9月~6月)の期間に始められたのがこの油そば店になります。現在は高円寺に実店舗を移し、「油の南極堂」として大繁盛しています。

南極堂の油そばは、麺は北海道産の全粒粉小麦、ベースのたれは北海道産のかつお、さば、いわしを使用しており、こだわりのつまった一品になっています。

あっさりとした仕上がりなので、女性からの支持も高いです。

油そばの南極DELIの詳しい情報は、下のボタンから確認できます。

詳細を見る

ふわとろオムライスの店 たまごけん

ふわとろオムライスの店「たまごけん」の特長としては、独自に開発した「時間が経っても美味しい」ケチャップライス、強火で「ふわとろ」に仕上げる卵、こだわりのコクのある自家製ソースの三位一体の味わいです。

ふわとろオムライスの店「たまごけん」は、在庫管理の負担が少なく、メインの食材が常温管理可能なため、冷蔵・冷凍スペースの少ない店舗様でも負担なく導入が可能です。

ふわとろオムライスの店 たまごけんの詳しい情報は、下のボタンから確認できます。

詳細を見る

儲かる飲食フランチャイズ店経営のコツ

フランチャイズ

それでは次に、儲かるフランチャイズ飲食店経営で大切なコツを紹介します。

固定費や初期投資を低く抑える

フードデリバリーのフランチャイズ店を運営する場合には、できるだけ固定費や初期投資を低く抑えることが大切です。

既存店でフードデリバリー事業を運営する場合、今ある設備や食材などを有効に活用できるフランチャイズブランドを選ぶことで、利益率の向上に繋がります。

また、ロイヤリティや食材原価の低い本部を選ぶことも重要です。

複数ブランドの導入で売上の最大化を目指す

ゴーストレストランやバーチャルレストランを運営する場合の大きなメリットのひとつが、複数ブランドを同時運営することが可能な点です。

フードデリバリーでは1つのキッチンに複数のブランドを導入し、多店舗展開することが可能です。店舗型ビジネスにおいて売上を最大化するためには、多店舗展開を行うことが基本ですが、実店舗を構える場合、初期投資が重たく、なかなか店舗数を増やし、売上を最大化していくということが行いにくいという問題が発生します。

しかし、フードデリバリーの場合はWEB上での出店のため簡単に店舗数を増やすことができます。そのメリットを最大限活用し売上を最大化し、儲かるお店を目指すことが重要です。

これから伸びるフランチャイズのまとめ

このようにゴーストレストランにおけるフランチャイズ経営では、経営者自身がやりたい事業を中心としながら、儲かるフランチャイズ店を兼業できるのも大きな魅力です。

利益の出しやすいフランチャイズ本部に加盟することで、既存店の食品廃棄ロスを減らし、より収益性の高い事業を展開できる可能性もあります。

ゴーストレストランを経営しながら数字が上がらないとお悩みの方や、これから新しく開業をお考えの方も、ぜひ一度huriuriにご相談ください。

多くのフランチャイズ経営の成功事例を基に、あなたに最適なブランド紹介をいたします。

huriuriではコンサルタントによる「無料相談窓口」を設けています。ぜひご活用ください。

その他の特集記事はこちらから読めます。

これから伸びるフランチャイズは?人気の飲食店5選を徹底解説

● huriuri(フリウリ)について

huriuri(フリウリ)は掲載数No.1のフードデリバリーブランドのFC比較サイトです。実績のあるFCブランドの加盟を検討している方とFC本部のマッチングを支援します。どなたでも 'カンタン' にブランドを見つけ、加盟店募集を可能にするサービスです。

無料相談窓口icon-email

ホーム

検索

気になる

資料請求

話を聞きたい

New

市場調査